リン酸鉄 リチウムイオンバッテリー 充電方法に関して

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーと充電器

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー充電方法

弊社はリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを販売しておりますがバッテリーを充電するための専用充電器をメーカーとしてラインナップしておりません。
そのため今回弊社のリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを充電する方法や推奨する充電器をご紹介いたします。

CCCV充電とは

CCCVはConstant Current, Constant Voltageの頭文字を取ったものになります。
そのためCCCV充電は定電流(Constant Current)、定電圧(Constant Voltage)という事で、CV電圧設定値(電池の許容最高電圧)を超えないように可能な限り急速に充電する方法になります。
リチウムイオン電池等、2次電池における最もポピュラーな急速充電方法となります。

CCCV充電の動き

CV電圧設定値までCCの電流値で充電して、CVの電圧に達したら、CV電圧を超えないように電流値を絞りながら充電します。
終止条件は時間(タイマー)もしくは終了電流値が使われます。

CCCV充電のメリット

CCCV充電のメリットは安全性の向上や高寿命化です。
電池に電圧がかかり過ぎる過充電は電池にダメージを与えます。
CCCV充電では充電による電圧の値が許容値近くまで上がったら、電流を小さくする事で許容電圧を超えないように充電制御を行います。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは電池の特性

S0C90%以降はCV充電領域に入りますから電流値が小さくなっていきます。
弊社では終止電流(充電停止)として0.05 ~ 0.1Cを推奨しています。
充放電特性(0.5C充電)のグラフは下記になります。

充電時の電圧、電流特性

リン酸鉄リチウムイオンバッテリー用推奨充電器

①TDKラムダ EVSシリーズ

特徴としては充電電流値、充電電圧値を電源のトリマでプリセットして定電流定電圧充電が可能な製品で蓄電池の電圧に合わせた出力電圧タイプを用意しております。

12V系電池18V出力タイプ EVS18-16R7
24V系電池36V出力タイプ EVS36-16R7
48V系電池:57V出力タイプ EVS57-10R6
※18V出力タイプは300Wのみ

②コーセル PCAシリーズ

特徴としては定電流動作可能で出力電圧は0V近くまで可変対応。
PCA300Fシリーズの中で12V、24Vは下記製品で。
12V系電池:PCA300F-15
24V系電池:PCA300F-32

③Longwei スイッチング電源 可変直流安定化電源

安価で、軽量です。
安定化電源ですので、充電以外に電気工作等の用途にも最適です。
電圧・電流がモニターできますので充電状態がリアルタイムで確認ができます。

12V、24V系電池:LW-K3010D

充電の方法
CV:14V、(28V)、CC:10Aに設定して充電して下さい。
20Ahの場合、3時間で満充電になります。
電流が1A以下になったら、満充電状態です。

48V系電池:LW-K605D

充電の方法
CV:56V、CC:5Aに設定して充電して下さい。
20Ahの場合、3時間で満充電になります。
電流が1A以下になったら、満充電状態です。

弊社製リン酸鉄リチウムイオンバッテリー用充電器のお問合せ

弊社製品をご導入される際、充電器のお問合せを頂く事が多い為、今回は弊社製リン酸鉄リチウムイオンバッテリー用充電器をご紹介いたしました。
上記お勧め以外でもご使用できるものがございますので是非こちらからお問合せください。